マンガ紹介

【テニスの王子様】許斐剛/集英社
  テニスのアメリカJr.大会で4連続優勝の経歴を持つ主人公の越前リョーマが青春学園中等部に入学。レギュラーの座を勝ち取るため、校内ランキング戦に出場!!

【DEATH NOTE】大場つぐみ・小畑健/集英社
  このノートに名前を書かれた人間は死ぬ……。死神リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!!かつてないスリルとサスペンス!!

【ろくでなしBLUES】森田まさのり/集英社
  帝拳高校にとんでもない奴がやってきた!泣く子も黙る超弩級のノーテンキ喧嘩ヤロウ、その名も前田太尊!!入学早々、反目しあう応援団とボクシング部の抗争に巻き込まれてしまった太尊、勝嗣、米示の3人。停学中のボクシング部主将の畑中が戻り、事態は混迷を極める!

【電影少女】桂正和/集英社
  恋愛に臆病な高校生・弄内洋太。片想いの相手が自分の親友を好きなことを知り落ち込む洋太は、その帰り道に奇妙なレンタルビデオ店“GOKURAKU”に入った。彼がそこで借りたビデオを再生すると突然、実物の女の子がテレビから飛び出してきた!!

【ROOKIES】森田まさのり/集英社
  二子玉川学園高校にやってきた新任教師・川藤幸一!その熱血漢ぶりは、担任クラスでも好感を持って受け入れられる。やがて不良の巣窟となっていた野球部再建に着手するが、猛反発する部員から、川藤が“暴力教師”として前の学校を辞めたことを暴露されてしまった……!!

【魁!!男塾】宮下あきら/集英社
  全寮制、生徒数約300名。江田島平八塾長の下、男の中の男を作りあげる真のエリート校、それが男塾なのだ!! 筆頭、剣桃太郎以下、一号生たちは鬼教官の超スパルタ教育と上級生のハードなシゴキに耐えつつ、ひたすら男を磨く!!

サザエさん

子供の頃のヒーローと言えばサザエさん。エンディングでの、サザエさんの食べ方を何度試したことか。最近では、最後のジャンケンに勝つと、明日良いことがありそうでいい。サザエさんの最終回。ある日、サザエさん一家が夕食にナベを食べていたら停電になってしまい、明かりがもどったらみんなナベの具になっちゃった、と聞いたことがある。

ブラックマジックM-66 ストーリー自体はホラー映画のそれなのだが、とにかく描写が細かい。主人公のシーベルトが徹底して描きこまれている。それだけでも一見の価値がある。マリオネット、武器、兵器関係にしても、原作者の得意分野なので当然ながら抜かりはない。45分たらずでストーリーをまとめなくてはならない為、OVAはとりわけハズレの確率が高いのだが、これは数少ないアタリの一つと言える。OVAはかくあるべしと言っていい一作である。これとよく似たストーリーで、「メタルスキンパニック」というのがあったが、あれとはまさしく雲泥の差だった。

原作者の士郎正宗は、もともとこういうアクションシーンを主体に構成する人なのに、「攻殻機動隊」は一体どこを読み違えてしまったのだろう。あれは欄外の注釈が闇雲に多い事で知られる漫画だが、設定や解説の部分を拡大解釈したのだろうか。

アップルシードのOVAはイマイチだったが、ドミニオン(一作目)はよかっただけに、「攻殻」で士郎正宗の名も一気に知れ渡ると思ったが、あれがイマイチだったおかげで、知る人ぞ知るという領域を越えていない。当り障りのない発言しかしていないようだが、あのアニメ版を原作者は絶対に気に入らなかったはずだ。その意味では、氏はキャラデザに関わっただけのようだが、大コケした「ガンドレス」の方が、士郎正宗らしいアニメである。


新海底軍艦1-2 当時、いろいろとメディアミックス展開をしていたと言うのに、知らぬ間にフェードアウトしていた悲劇のアニメ。地底人がいたり、巫女が出てきたり、世界を滅ぼすか否かというお決まりの「最後の審判」があったり、極めつけは万能戦艦が出てきたりで、いろいろなアニメのいいとこ取りをしているという批判があったかもしれない。

「ラ號」と言う万能戦艦は、「ノーチラス号」とコンパチと判断しても良かろう。仲良くしていた娘が地底人の巫女だったというのも、父親が謎の戦艦の艦長だというのも、ナディアの剽窃だと言われかねない。空から落下してきた物体を調べてオーバーテクノロジーの戦艦を作ったと言うくだりは、ズバリ「マクロス」だ。オリジナリティはというと、第二次世界大戦を物語に絡ませているという点、地底世界の最終決定により、人類を滅ぼそうとするアブトゥーと、決定に背いて人類を護ろうとするアネットの五十年来の争いというのが、物語の主軸になっている。

しかしこのアニメはたったの二話で打ち切られたようだ。いろいろと構想があったようで、一話目で大風呂敷を広げているが、二話でそれらをすべて無理やり纏めてそのまま大団円。「彼らはどこへいくのだろう」「我々の知らない世界さ」と。心無い人たちからは、パクリアニメだと冷やかされそうだが、惜しい一作だと思う。闇鍋なら闇鍋の面白さがあったはずだ。それを見出すことが出来ず、スポンサーから見放されて終了とは惜しいことをしたものだ。

安彦良和をキャラデザに起用したのは、氏の絵が持つイメージを作風にしたかったのだと思う。この人の漫画では主人公は決まって純朴な好青年である。その青年が、運命の渦に巻き込まれながら成長していくというのが、この人の漫画の常套手段であるが、このアニメもそういう路線を狙ったのだろう。魅力的なヒロインもいるから、その型にはまった展開が実に心地いい。

この人の絵は、漫画よりもアニメにして動かした方が映える。80年代のアニメ黄金時代、ガンダムは言うに及ばず多くの作品に関わったが、特に「クラッシャージョウ」と「アリオン」は、作画の面でもこの人が持つ技量が遺憾なく発揮されていた。本作では、安彦氏は原案のみで現場では別の人が担当しているようだが、この絵を見るだけであの頃の作品群を思い出せて懐かしい。

この監督(片山一良)には「最初の一話ですべてを語り尽くしてしまう」という悪い癖がある。今まで、この人の監督作品で一話目以上に面白かったことがない。それでもその全力投球した最初の一話がとても面白いから、そのインパクトで最後まで引っ張れば十分である。


エクセルサーガ おしゃべり単行本1 単行本そのまんま ドラマCD。世評や原作ファンとは裏腹に、アニメ版はそれなりに楽しんでいたつもりだったが、この実験は馬脚を現す結果になってしまった。はっきり言って、アニメよりも何のひねりもなく単行本をドラマCDにした本作の方が面白いのである。奇しくもスタッフの無能さをさらけ出してしまった。

原作ファンの気持ちがわかった気がする。もともとアニメ版はアニメが好きな人間を馬鹿にしている嫌いがあり、オタクへの嫌がらせかと思える描写もあった。アニメからはある程度の距離を置いている人でなければ、楽しめない作品だと思うが、そんな人間がわざわざ夜更かしをして観ているとは思えない。私は、天邪鬼な態度が好きではない。だから、そういう層を対象に作っているくせに客を馬鹿にする態度が許せなかった。スタッフのいい加減さには時々腹が立っていた。エクセルガールズの存在は、スタッフの視聴者に対する悪意の象徴だと思っている。

そんな奴らが存在せず、エクセルも悪乗りした脚本の犠牲にならない分、このCDの方がアニメよりよっぽど面白かった。このCDによって、ひねくれた作風のアニメにするよりも、原作をそのままにして作ったほうが面白い、つまり、アニメでやる意義などなかったのだと言う事が証明されてしまったのは、スタッフにとって思わぬ誤算と言えよう。作画レベルと、キャラクターデザインだけはよかったのだから、それに見合うものを製作して欲しかった。しかし本当にいいものほど冷遇され、大した事ないものほどその時代の多数派にもてはやされるのは、世の常である。そして、両者の評価は後世になって逆転する例が多いことは「悪魔の辞典」にも、皮肉っぽく記載されている。


バガボンド 吉川英治「宮本武蔵」を原作にした漫画。この中に本位田又八という登場人物がいる。臆病で怠惰な又八は武蔵の旧友で、ひょんなことから佐々木小次郎の名を騙ることになるのだが、私はこの又八のやる気のなさに惹かれてしまった。宮本武蔵や柳生兵庫助など、見るからに強そうで切磋琢磨している人間と異なり、ひたすら逃げの人生を歩んでいるダメ人間が、今後どのような運命の糸を辿っていくのかというのに、魅力を感じる。

赤色エレジー 最近好きなマンガ。文庫本をバッグに入れて毎日毎日何度も読み直して感動している。あらすじ/マンガ家を目指しながらも上手くいかない一郎と、そんな一郎を愛し支える幸子。二人は共にしがないアニメーターとして仕事をしながら、どうにか日々を暮らしている。この二人のなんとも刹那的で行き場のない同棲生活とその破綻を、独特の前衛的なタッチで描いた、マンガ史に残る名作。

チャールズ・M・シュルツ ペパーミント・パティ「楽しく生きる秘訣ってなんだと思う?」。チャーリー・ブラウン「オープンカーと湖を持つこと」。ペパーミント・パティ「え?」。チャーリー・ブラウン「天気がよければオープンカーを乗り回して楽しめる。雨が降ってもこの雨がぼくの湖をいっぱいにしてくれると思っていられるからね。

書籍紹介

山岡俊介『福島第一原発潜入記 高濃度汚染現場と作業員の真実』双葉社、2011年

武富士の不正を暴き、武井会長(当時)を塀の中へと追いやったフリージャーナリストが、事故収束に向け不断の作業が続く福島第一原発に作業員に潜入。そこで見た驚くべき光景とは?現役の作業員にも精力的に取材。彼らの赤裸々な思いを綴ったインタビューも収録。

小出裕章『子どもたちに伝えたい――原発が許されない理由』東邦出版、2011年

◆第1章 原発の誕生と現実 恐ろしい“破壊兵器”
 石油はあとどれくらい残っているのか
 エネルギー源は化石燃料だけで数百年もつ!?
 自然界には存在しない危険な物質プルトニウム
 高速増殖原子炉『もんじゅ』の非現実性
 1兆円の無駄使いの責任をだれもとらない国
 本当の目的は、原発ではなく核兵器の製造!?  ほか

◆第2章 それでも原発をやめない理由 大人たちの様々な思惑
 原子力発電と火力発電の構造は同じ
 責任のない子どもたちをだれが守るのか?
 数百万年かけても消滅しない毒性
 放射性廃物を貧しい地方や国に押しつける
 なぜ原発は都市部には造れなかったのか?
 日本の原発は『地震の巣』の上に建っている
 電力量は水力・火力だけで足りる
 実は費用が高い原子力発電
 原発を建てれば建てるほど電力会社は儲かる ほか

◆第3章 人間の力では対応できない原発 事故の実際とその後の悲劇
 公開されなかった被曝量の試算結果
 放射線管理区域に匹敵する汚染
 法律を無視して汚染地域を放置した政府
 避難生活か被曝か、どちらかしか選べない
 年間1ミリシーベルトの被曝の危険性とは?
 国に見捨てられた私たち日本人
 放射線量に「これ以下は安全」は、あり得ない
 国が決めた被曝量の上限など信じてはいけない ほか

◆第4章 いま、私たちがすべきこと 安全な未来へ向けて
 校庭の土を剥ぎとるだけでも被曝は防げる
 汚染された食べ物を大人が引きうけるルールを
 エネルギーの大量消費は産業革命から始まった
 いまこそ、人間の立ち位置を見つめなおそう ほか

根津進司『フクシマ・ゴーストタウン―全町・全村避難で誰もいなくなった放射能汚染地帯』社会批評社、2011年

*荒れ果てた田畑、人も動物もいなくなった街―メディアが報じない第1原発、警戒区域内・ホットスポット地帯など11市町村を初めてリポート。
*メルトダウン後、「警戒区域」設定で、放射能汚染の実態を隠す政府、その警戒区域内に初めて潜入。そこは全国から動員された機動隊の厳戒態勢下だった。
*約300枚の写真とルポで語る、フクシマ第1原発30キロ圏内の街や村―そこは「人類滅亡」を思わせる、まさに「ゴーストタウン」だった。

戸羽太『被災地の本当の話をしよう』ワニブックス新書、2011年

第一章 あの日、陸前高田市が消えた
第二章 被災地が直面した日々
第三章 「ふるさと」は必ずよみがえる!
第四章 特別対談 佐藤正久×戸羽 太

原爆症認定訴訟熊本弁護団編著『水俣の教訓を福島へ』花伝社、2011年
誰が、どこまで 「ヒバクシャ」なのか?
内部被曝も含めて、責任ある調査を!
長年の経験で蓄積したミナマタの教訓をいまこそ、フクシマに生かせ!

『季刊ピープルズ・プラン』第55号

2011年9月20日発行
定価1300円+税 A5版160ページ
発行:ピープルズ・プラン研究所、発売:現代企画室
【巻頭言】脱原発をぺいする野田新政権と対決しよう/白川真澄
【連載】
◆シリーズ《うちなーだより》46●沖縄の地図を抹殺して「我が国と郷土を愛せ」と/由井晶子
◆【インタビュー】〈現場主義・服部良一、国会を歩く〉5
【いまを読み解く】
◆ドル没落の最終章か――米国債格下げと超円高/白川真澄
《特集》原発のない社会へ──現地から、世界から
◆【佐藤幸子さんに聞く】行く人、残る人――いま福島で起きていること
◆泊原発3号機の営業運転再開をめぐって/越田清和
◆玄海原子力発電所2・3号機の再稼働をめぐる攻防と新たな市民運動の胎動/足立力也
◆3・11以降の世界――ドイツから/梶川ゆう
◆フクシマがフランスにもたらした反響――脱原発運動の視点から/コリン・コバヤシ
◆【佐藤大介さんインタビュー】アジアの民衆の力で原発なき社会を――ノーニュークス・アジアフォーラムの20年
◆韓国の脱原発は可能か/李憲錫(イ・ホンソク)
◆3・11後の原発輸出/清水規子、田辺有輝、渡辺瑛莉
◆社会運動と政治運動をつなぐ脱原発運動を/宮部彰
◆核武装潜在力としての原子力体制の解体へ――安保・沖縄・脱原発/武藤一羊
◆人間を食い散らかすのは原発か人間か――表面化した被曝労働問題と私たちの取り組み/なすび
◆脱原発のエネルギー政策――大規模集中型から小規模分散型へ!/竹村英明
◆被災地の女性たちと出会う――福島県郡山市の巨大避難ビックパレットの女性専用スペースで過ごした日々/うてつあきこ
◆原発には予防原則を――福島原発事故が証明した巨大科学技術の限界性/大沼淳一
◆【和光大学ティーチイン「震災・脱原発を考える」の記録】職と労働――震災後を生きのびる労働のかたち
  震災後だからこそ質のよい雇用を/竹信三恵子
  原発はモラルに反している/鎌田慧
【連載シリーズ】
◇中国山地の地域再生に携わって(3)移住者を受けとめる人びと/相川陽一
◇海兵隊グアム移転──誰のための負担軽減なのか(7)/山口響
◇只今闘病中──読書ノート(9)「ビキニ」(「ヒロシマ・ナガサキ」)はどう、逆用されたか/天野恵一
◇《運動の思想》を読む(36)堀江邦夫『原発ジプシー』/北野誉
◇アジアのムラから見た《世界》28 25年間をふり返る/大橋成子
【書評】◇金井淑子著『依存と自立の倫理学――〈女・母〉(わたし)の身体性から』/佐藤靜
【研究会・プロジェクト報告】オルタナティブ提言の会/戦後研究会

エントロピー学会編『原発廃炉に向けて』日本評論社、2011年

はじめに/山田國廣
福島原発同時多発事故から何がわかったか/広瀬隆
福島原発で何が起こったか――原因と意味/井野博満
福島原発で何が起こったか――原発設計技術者の視点/後藤政志
東電・保安院などの事故対応の問題点/ 黒田光太郎
福島第一原発事故による放射線の健康影 響/崎山比早子
福島第一原発事故による海洋汚染/福本 敬夫
原発事故による土壌汚染を考える――福島原発事故の原因と影響の総合的解明の試み/山田國廣
飯舘村の放射能汚染調査に参加して――足尾-水俣-福島:日本の公害の歴史から見えてくる もの/菅井益郎
原発廃炉の経済学――危険な低炭素言説の歴史的起源からから の考察/室田武
上関原発の工事中止の行方/三輪大介
パネルディスカッション原発廃炉に向けて/
井野博満・黒田光太郎・後藤政志・菅井益郎・福本敬夫
三輪大介・室田武・山田國廣・和田喜彦
付表1 日本の原子力年表/和田喜彦
付表2 日本の原子力発電所一覧/和田喜彦

トヨタの闇
By 渡邉 正裕, 林 克明
実は「プチ北朝鮮」的な顔を持つ、日本が誇る世界企業トヨタ。ひた隠しにしている犠牲者の惨状や、広がる「反トヨタ世界キャンペーン」の実態を、独自に入手した資料とともに公開、警鐘を鳴らす。
2007年の生産台数世界一が確実となったトヨタ。年間1千億円超と、全上場企業でダントツの広告宣伝費の萎縮効果は抜群。本屋には「おべんちゃら本」が並び、雑誌は広告と区別がつかない記事を書いてスポンサーに媚を売る。しかしその実態は、欠陥車をどこよりも多く作り、どこよりも多くリコールされる不良品メーカーである。その労働現場は「自動車絶望工場」の時代を引き継ぎ、社員が工場内で若くして過労死しても労災すら認められず、正当な労組活動すら制限されるほど“思想統制”は行き届く。既存メディアがタブー視してきた、日本企業・日本社会の象徴としてのトヨタの本当の姿を伝える。

自動車絶望工場 (講談社文庫)
By 鎌田 慧
働く喜びって、なんだろう。毎日、絶望的に続くベルトコンベア作業の苛酷さ。現代の矛盾の集中的表現としての自動車は、労働の無内容さと人間の解体を満載し、排気ガス、石油資源などの諸問題を前にして、いま大転換を迫られている。自ら季節工として働いた体験を、生きいきと再現した傑作ルポタージュ。

トヨタの正体―マスコミ最大のパトロン トヨタの前に赤信号はないのか
By 横田 一, 佐高 信, 『週刊金曜日』取材班
「日本一の会社」トヨタのことは、『週刊金曜日』しか書けない。「財界総理」といわれる経団連会長も出していたトヨタの、スキャンダルを含めた事件の歴史を余すところなく描破し、マスコミが書けないトヨタの手口を暴く。

続 トヨタの正体―マスコミが書けないエコな企業のエゴな顔
From 金曜日
トヨタの「大きさ」が何をもたらし、何をつぶしているか。トヨタの社員は幸せなのか。トヨタはイコール日本であり、トヨタを知ることは日本を知ることである。トヨタを震撼させたベストセラーの第2弾。

ハリー・ポッターと死の聖人

世界的人気のファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの完結編となる第7作のタイトルは「ハリー・ポッター・アンド・ザ・デスリー・ハロウズHarry Potter and the Deathly Hallows」(ハリー・ポッターと死の聖人)に決まった。出版元のブルームズベリー社がウェブサイトで明らかにした。

第6作までは全世界で計3億部も売り上げ、63言語に翻訳されている。作者のJ・K・ローリングは、英国で最も収入の多い女性になった。シリーズを原作とした映画もヒットを重ね、第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」は来年の公開に向け、撮影中だ。ローリングは自身のウェブサイトで、ハリー・ポッターが完結編で殺害される可能性のあることをほのめかしている(「ハリポタ完結編は「死の聖人」」時事通信2006年12月22日)。

芥川賞 芥川龍之介の名を記念して、直木賞と同時に昭和10年に制定された。各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品中最も優秀なるものに呈する賞(応募方式ではない)。主に無名もしくは新進作家が対象となる。正賞は懐中時計、副賞は100万円。授賞は年2回。上半期(12月1日〜5月31日までに公表されたもの。但し、雑誌、同人雑誌は11月1日〜5月31日まで)の選考会は7月中旬、贈呈式は8月中旬。「文藝春秋」9月号に掲載。下半期(6月1日〜11月30日までに公表されたもの。但し、雑誌、同人雑誌は5月1日〜11月30日まで)の選考会は翌年1月中旬、贈呈式は同2月中旬。「文藝春秋」3月号に掲載。選考委員は池澤夏樹・石原慎太郎・黒井千次・河野多惠子・田久保英夫・日野啓三・古井由吉・三浦哲郎、宮本輝。第122回(平成11年下期)の受賞作は藤野千夜「夏の約束」と玄月「蔭の棲みか」。

「ディズニーの芸術−The Art of Walt Disney-」「DISNEY THE FIRST 100 YEARS−ディズニークロニクル1901-2001」(講談社2001) ウォルト・ディズニー生誕100周年記念出版。ディズニー芸術の軌跡の永久保存版「The Art of Walt Disney」と、これはもうバイブル! ファン必携アイテム「ディズニークロニクル1901-2001」。講談社だからできた100年目の夢と魔法の企画。他では手に入らない。

ザ・ベストミステリーズ2001(日本推理作家協会) 2000年発表傑作短編ミステリー20編収録。宮部みゆき、真保裕一、馳星周、福井晴敏、泡坂妻夫、金城一紀、ほかバラエティー溢れるメンバーを揃えた決定版推理年鑑。各賞の歴代受賞者等の資料付。本体3,200円。

藤木禀・テンダーワールド(講談社2001) 20XX年、ラスベガス郊外の電脳実験都市。ネット社会と遺伝子操作が新たな差別を生み、狂信的なカルト教団が跋扈する世界の真の支配者とは? 驚愕の近未来SF。

三木卓・錬金術師の帽子(講談社2001) かつて属した学生政治組織から逃亡し、花火会社の次期社長として平穏な日々を送る英世の前に現れた過去からの使者。花火が奏でる鮮烈な美の中で、暴力の闇から追われる英世…。人間存在の意味を追求する渾身の長篇。

宇佐美游・十歳の戦慄(講談社2001) 少女・女の悪意と、はずみ感覚を見事にとらえた作品集。著者は、オフィスガールでも、おミズの世界の女性たちでも、さらには海外駐在員の妻たちでも、女たちが集まる場の光景を実に生き生きと描き出す。1962年生まれ、ロサンゼルスのカレッジを卒業。モデル兼銀座ホステスから、23歳で一部上場商社に転職。去年、『調子のいい女』で小説新潮長篇新人賞を受賞。

竹本健治・ウロボロスの偽書 僕を僕以外のものと隔てる幕は、たやすく縮み、押しひしゃげ、無限につぶれこんでしまうだろう。だからもう僕は存在できない。

鈴木直美・クスリ「アディクション」を背負い続けた私(講談社2001) 薬物で一度は人間をやめた女性の、回復の記。覚醒剤や麻薬だけではない、薬物依存の実態。特に回復が難しいといわれる女性のなかで、13年クリーン期間を保っている著者が語る、人間であり続ける希望。

齋藤薫・ちょっと過激な幸福論(講談社2001) 美容とは考えること。頭をひねって自分で発見すること。これまでの美容の常識を見直して新しい「キレイの掟」を作ることで、自分自身の「キレイ」を発見。≪好評既刊≫「美容の天才365日」本体1,700円 1998/6刊。

Rウッズ/Fミッチェル,金子達仁・タイガー・ウッズへの道(講談社2001) ゴルフの天才タイガー・ウッズをこの世に生み出した、父アール・ウッズ。アールの教えは「最後までやりとげる」だった。タイガーへの教育、NCAAとの対立、勝者ゆえのプレッシャー、嫌がらせ、人種差別問題、数々の困難に立ち向かい、クリアしていった父子の半生を綴った自叙伝。子どもの才能を見抜き、信念を貫かせる!

久野泰可・間違いだらけのお受験 有名小学校入試で実績NO.1の「こぐま会」が、子どもの能力を伸ばす幼児教育プログラムを初公開。第1章 子どもをダメにするお受験対策/第2章 幼児期における基礎教育の課題/第3章 家庭教育の充実こそ合格への近道/第4章 合格のためのヒント集、ほか。

西田和明・子どもと遊ぶ 電気のおもちゃ箱(講談社2001) 作りはじめたら止まらない電気工作ベスト版。紙コップ、クリップ、マグネット等、身近な素材が電気で動くおもちゃに大変身。電子ピアノ、プラネタリウム、歩く恐竜…、子どもも大人もワクワク・ドキドキ。好評の『新電子工作入門』でお馴染みのアイデアマン西田氏の力作です。雨で外出できない日や休日など、お子さんと一緒に、あるいはちょっと懐かしさに浸りつつ、おもちゃ作りを楽しまれてはいかがでしょうか。紙コップ、ゼムクリップ、マグネットなど、身近な素材ですぐ作れる電気工作のベスト集。「磁石」「発光」「投影」「音」「ロボット」「センサー」と、テーマ別に全25作品を紹介。ていねいな図解でだれでもすぐ作れ、すぐ楽しめます。夏休みの工作に最適!

中路正恒・古代東北と王権(講談社2001) かつて東北に大和朝廷から独立した、もう一つの王権が存在した?! 日本書紀を始めとする文献資料を精緻に解読、今まで明かされなかった古代東北の実像に迫る。

寺島靖国=安原顯・JAZZジャイアンツ 名盤はこれだ!(講談社2001) 1940〜60年代に出現したジャズ界の巨匠達を「危険な二人」が本音で過激に評定。パーカーは最後に聞け/・コルトレーンは「但し書き」が必要/・泣く子も黙るドルフィー/・ロリンズに才能の賞味期限を見る/・エヴァンスは色褪せないほか

中冨信夫・NASA宇宙探査の驚異(講談社2001) NASAの打ち上げたハッブル宇宙望遠鏡や、赤外線天文観測衛星アイラス、木星周回探査機ガリレオなど、「宇宙天文台」がとらえた美しく神秘的な宇宙の姿。

倉橋燿子:作、いなだ詩穂:絵『カミングホーム』講談社、2001年

花村家は5人家族。開業医であるお父さんと4人の子どもたちは、誰も血がつながっていない。血縁のない一家が協力して家族の危機を救う姿をとおして、今、家族にとって必要なものは何かを問いかけます。《青い鳥文庫》

■村上昭子のおいしくできましたよ 今晩の献立 【村上昭子 本体1,700円 講談社2001】四季の献立…旬がうれしい四季折々の食材を献立にして紹介。定番おかず…これさえ覚えておけば毎日のおかず作りが楽。豆・乾物のおかず…体が元気になる栄養満点おかず。覚えておきたい日本の味。常備菜と漬物…お父さんが感動するおふくろの味。よりバラエティー豊かに。

ロバート・キヨサキ他「金持ち父さん貧乏父さん」
スーパーなどの安売りセールに走る人々が、 なぜ株が大幅安になればなるほどそれを避けようとするのか。「それじゃ金持ちになれない」。「人々が経済的に苦しんでいる理由は、何年も学校に通いながら、お金について何も学んでいないことにある。学校で、人はお金のために働くことを学ぶ。だが、お金を自分のために働かせることは知らないままで一生を終わる」。

ロベール・ド・ラロシュ『猫だけが知っている猫の秘密』
あなたの家の猫は、あなたのことどう思っているのでしょうか?愛猫家の作家の《私》に向かって、飼い猫《メフィスト》が突然しゃべり始めた!奇想天外な着想でさりげなく猫を科学する、フランス初のユーモラスなメルヘン。本書で“猫の秘密”が明らかに!


アメリカンTV研究会『アリーmyラブ最新白書 』
恋にも仕事にも体当たりのアリーの姿を描いたドラマ「アリーmyラブ」。2000年3月に放映が終わった第3シーズンと10月からスタート予定の第4シーズンの内容が詰まったガイドブック。
司馬遼太郎『以下、無用のことながら』 没後5年、映画、テレビでますます拡がりを見せる、司馬ワールド。この本は、その容量の大きな作家活動の源泉を、圧倒的な量のエッセーから厳選。寄稿した序文、跋文など、単行本未収録作品・71本がベールを脱ぐ。
『ゾエトロープ』コッポラがたどり着いた結論、それは“魅力的なストーリー”だった。本書は、F・コッポラ創刊の季刊短編集「ゾエトロープ」ベスト版。停滞傾向の全米文学界に短編小説のブームを巻き起こした。そして遂に、日本の読者のために『ゾエトロープ・オールストーリー』から選りすぐりの作品を集めたベスト版をここに刊行。
『スーパートイズ』
2001年夏最大の話題作「A.I.」6月30日、日米同時公開決定!デヴィッドの愛は真実。しかし彼自身は…。英国が世界に誇るSF作家ブライアン・オールディスが、人工知能Artificial Intelligenceを備えたロボット少年と家族の“愛情”とは何かを問う珠玉のSF小説。
『なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 』
仕事に優先順位をつけるな。すぐにやれ!最小の時間で最高の成果を上げる方法を、能率向上プログラム「PEP」の創設者が教える書。世界14カ国のビジネスマンに変化を起こした仕事と生き方の習慣。成功するためのきわめて大切で基本中の基本のルールが明かされる。
『税金のいらない銀行−オフショア・バンク徹底活用術』
海外投資を楽しむために、オフショア・バンクの開設をどうすればよいかをガイドする。オフショアの特徴は、「無税もしくは軽課税」「資金運用に関する規制が最小限」「秘密厳守の徹底」など、いくつものメリットがあげられる。各オフショア・バンクは、口座開設のハードルを高くしようとしつつあるので、いまが開設のチャンス。
『英文手紙 Eメール FAXの早引き表現集』
図解入り基本形式付で即文書作成可能!相当の英語力が必要と言われている英語の文書を、公的にあるいは私的に誰でも簡単に作成できる。イラストや写真、実例文を豊富に用い、面倒な文書作成術が簡単に身につく。2色刷の組体裁は見やすく、また使いやすい。
『古着(ヴィンテージ)&アウトレットshopガイド』
古着、ヴィンテージ、リメイクウェア大好き人間にオススメ。原宿、青山、代官山、下北沢など15エリアの209ものショップを徹底取材した最新情報はかなり使える。品ぞろえや値段に関するデータや便利なマップ付き。巻末には、アウトレットショップの情報も掲載。
小谷野敦『軟弱者の言い分』
ああ、もてない上に軟弱だなんて…スポーツ?苦手です。ファッション?無関心です。トレンディドラマ?嫌いです。…文句ある?軟弱者で何が悪い。『もてない男』で多くの男性に勇気を与えた著者が満を持して放つ、言いたい放題・痛快エッセイ集。

神田昌典・口コミ伝染病 全国2500社を超える中小企業がもっとも信頼を置く、実践マーケッター・神田昌典が、お客がしゃべりたくなる会社、無視する会社の相違点や口コミをコントロールし売上アップを実現するプログラムなどを明快に解説。そのノウハウは、500社を超える企業で実践され、成功の実績付き。

尚会鵬=徐晨陽・東の隣人--中国人の目で見る日本人(日本図書刊行2000) 中国と日本とは、近隣でありながら、遠く離れているようだ。「居相近き、心相遠し」の隣人同士の、「心相知る」ことを求め、北京の日本研究専門家と東京の在日中国人が共に描く日本人像。

ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー・「愛」の悪魔 現代的自由恋愛はここから生まれた。詩人ブレターノとヒステリー女の烙印を押された妻の壮絶な恋の顛末を213通の手紙で再現。歴史の闇に埋もれた真実をあかし、愛が失われる経験の意味を問う感動の文学的ノンフィクション。

パコ・アンダーヒル・なぜこの店で買ってしまうのか 「つい、買ってしまう」「絶対、買わせる」のしくみ、大解剖!徹底したフィールドワークで、「商品化計画から商品の陳列・販売促進にいたる小売りの店づくり」と「見落しがちな顧客の行動と思考パターンへの対応」、「変化する顧客のニーズへの対処」を明かす。

スティーブン・カッシング・空の上のトラブル パイロットと管制官の危ない会話 パイロットと航空管制官のコミュニケーション上の誤解などヒューマン・エラーに起因する死亡事故、重大事故からニアミスをはじめとした「空のヒヤリ、ハッと」体験などのトラブル事例を数多く収め、その原因と解決策を具体的に詳述した「飛行機を安全に飛ばすための本」。

飯島愛・プラトニック・セックス(小学館2000) 話題度No.1。飯島愛衝撃の告白本が、やっと追加で大量入荷しました!彼女のありのままを描いた1冊。「かつて女性週刊誌がスクープ記事にしたような驚きの人生の告白が、一つの"事件"として出版され、他のマスコミの注目も集めて大きな話題になっていった」(佐藤憲一「"生き方本"相次ぎヒット」読売新聞夕刊2000.12.9(佐々木利春))。

バルバラ・ベルクハン=瀬野文教訳・アタマにくる一言へのとっさの対応術(草思社) だれにでもマスターできる言葉の護身術!年間ベストセラー(日販1999.12-2000.11)17位(「年間ベストセラー」読売新聞夕刊2000.12.9)。

アラン・ピーズ他=藤井留美訳・話を聞かない男、地図が読めない女(主婦之友社)
男と女を理解する鍵は脳の作りにあった!この1冊で、男と女、お互いをきっとわかり合えます。年間ベストセラー(日販1999.12-2000.11)5位(「読書Trendy」読売新聞夕刊2000.12.9)。週刊ベストセラー(トーハン2001.1.9)6位(「読書Trendy」読売新聞夕刊2001.1.13)。

山崎えり子「工夫生活のススメ」
大ベストセラー『節約生活のススメ』第2弾!ささやかな工夫こそが、毎日の暮らしを豊かにする!

中山庸子・なりたい自分になる100の方法 21世紀を『このままの自分』で迎えるのですか?すぐに始められる100の方法が、確実にあなたを変えていく!

立花隆・21世紀 知の挑戦 ガン制圧、頭の良くなるクスリ、デザイナー・ベビー…生命科学の最前線を徹底リポート!!

村上龍・「教育の崩壊」という嘘 教育問題の本質に迫る! この書名は、中学生1600人のアンケートの回答を読んで考えついたという。<教育の崩壊>という一言で済まされがちな裏に、もっと考えるべきことがある。村上龍が教育問題に迫る、エッセイ&対談集。

日本化学会編・化学・意表を突かれる身近な疑問(講談社2001) 昆布はなんでダシが海水に溶け出さないの?言われてみれば、確かにそうだよ……暮らしの中で出合うそうした疑問を集めて謎解き。日本化学会あげての今夏イベント「夢・わくわく化学展2001」との連動企画。

高松正勝=原作/鈴木みそ=漫画・マンガ 化学式に強くなる―さようなら、「モル」アレルギー(講談社) 化学が苦手、モルがわからないというのは、闇雲に暗記しようとするから。あなたも主人公の幸ちゃんと一緒に、色気や食い気も総動員して、楽しく化学を勉強しよう。現職の高校化学教諭と人気漫画家のコンビでお届けする、おもしろくて、ためになる1冊。

池谷裕二・記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方(講談社2001) 科学的記憶力増強法を伝授。脳科学の進展により、続々と明らかにされる記憶のメカニズム。シナプス可塑性、LTPなどの最先端の成果をふまえ、気鋭の若手研究者が語る。

藤原健固・歩きの科学―なぜ頭と体によいのか?(講談社) いま「歩き」が注目されている理由。それは頭と体にいいからです。その秘密とは?最高の健康法で、頭と体をリフレッシュ!

大木幸介・脳内麻薬と頭の健康―気分よければ頭もまたよし(講談社) 誰もが頭の中で作っている脳内麻薬。これがないと、人間の脳はうまく働かない。脳生理学から見た頭の健康法。

竹原健編著・マンション管理士・管理業務主任者[完全対策](日本実業出版社2001.8.20) マンション管理士、管理業務主任者は、2001年12月のマンション管理適正化法の成立に伴って創設された新しい国家資格。本書は、予想される出題範囲を科目別に徹底分析し、重要項目を1項目1ページで解説。試験突破の最強のパートナー。編著者は1963年生まれ。早稲田大学社会科学部社会科学科卒業。竹原行政総合事務所所長。各種予備校・企業で行政書士試験や宅地建物取引主任者試験向けの講師を務めるかたわら、テキスト・参考書・問題集を数多く執筆している。

童話
セロフィリL:絵 ベネベリA:文 大岡玲:訳・ちいさなもり(講談社2001) 森を独り占めしたい動物たちは、他の生き物すべてを敵だと考え、「でていけ!でていけ!」と互いに叫んでいた。ある日、きこりから森を守った動物達はなかよく暮らし始める…「みんなのもり」の物語。

白いうさぎと黒いうさぎ あるところに白いうさぎと黒いうさぎが仲よく住んでいた。ある日、いつものように2匹は一緒に遊んでいたが、黒いうさぎは元気がなく、目に涙をためてうつむいている。白いうさぎがどうしたのかと何度も尋ねると、黒いうさぎはしばらくして、「いつまでも君といっしょに遊んでいられないのでは、と思ったら悲しくなってきてしまった」と答えた。白いうさぎはいつまでも友だちでいることを約束し、黒いうさぎもいつもの晴れやかな表情に戻った。めでたしめでたし。

重松清・日曜日の夕刊 人物描写が上手いなぁって思ってます。その人の気持ちが伝わって、自分にも共通するところがあるなあなんて感心しながら読んでます。親子、友達、恋人、先生と生徒など人と人の関わり方が色々あるんだなぁって勉強にもなります。

わかやまけん・しろくまちゃんのほっとけーき しろくまちゃんが焼いたホットケーキは、においがしてきそうなぐらい本当においしそうで、しろくまちゃんもかわいいです。ホットケーキって自分で焼くと焦げちゃって上手く焼けないんですよね。

松谷みよ子作=瀬川康男絵・いない いない ばあ 「ばあ」とした顔が印象的で、何度も繰り返し読み聞かせ、一緒に遊んで楽しめる本です。赤ちゃんにどんな絵本を見せていいかわからないお母さんは、ぜひ見せてあげてください。


桃太郎 桃太郎はなぜ桃だったのか。「木」偏に「兆」と書いて、「桃」。「兆」という字は「きざし」と読むように、未来を予知し、災いを防ぐという信仰の基になっている。兆を持つ木が桃。だから鬼退治のヒーローは、桃太郎となったとされる。又、「桃源郷」という言葉があるように桃は神聖な存在というか、何か神がかったものだったと思われる。その桃が川を流れてきて中から男の子が生まれる、これはすなわち神の使いというか、そういう意味合いがあったのだろう。

種の数や大きさからも考えられる。あの真ん中にある大きな種がポイントである。大きな桃なら、種も大きなはず。種の代わりに赤ん坊人一人くらい入りそうである。桃太郎ならば一人っ子だが、梨太郎、柿太郎では多産になる。マンゴーやアボカドは種が一つだが、あのような高カロリーだったり高脂肪だったりしたら、肥満児になって鬼退治は無理。栗は種そのものなので、流れてきた時点で溺死してしまう。


Designed by CSS.Design Sample