東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った - 林田力/著 - 枕石堂
紹介
東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。
裁判における当事者と裁判官の緊迫するやり取りを丹念に再現
個人が不誠実な大企業を相手に闘うドラマがある!
裁判と並行して明らかになった耐震強度偽装事件の余波や欠陥施工、管理会社・東急コミュニティーの杜撰な管理にも言及し、深刻化を増すマンション問題の現実を明らかにする。

<目次>
まえがき 東急不動産を提訴  東急不動産の弁論欠席  弁論準備手続開始 東急不動産の証拠改竄を指摘  東急不動産の図面集捏造に反論  倉庫との虚偽説明を糾弾 アルス東陽町での進行協議  証人尋問  地上げ屋の証言  原告への陰湿な攻撃 東急不動産従業員の証言  偽りの和解協議  東急不動産の卑劣な提案  予定調和の協議決裂 東急不動産に勝訴  東急不動産の遅過ぎたお詫び  耐震強度偽装事件と欠陥施工  勝訴の影響 社会正義の実現のために
ISBN978-4-904350-13-3 C0032 46判 110頁 定価1100円+税

書店

アマゾン
楽天ブックス
ビーケーワン
FJネクスト不買運動
livedoor BOOKS
オンライン書店e-hon
Neowing
ジュンク堂書店
紀伊國屋
HMV
TSUTAYA
セブン&アイのセブンネットショッピング
枕石堂
HOME hayariki.net ネット書評 プレスリリース 製造所固有記号
<リンク集> ポータル 告発 不動産問題
書評・紹介記事
東急不動産で買ってはいけない
被害者が語る「騙し売り」の手口
東急不動産側が、マンション購入者に「不利益事実」を伝えなかった呆れた言い分
山岡俊介<書籍紹介>
ネットサービス
カーリル
Knezon[クネゾン]
法律書の法なびブックス
新刊・新作カレンダー
ことさが
タブー破りの本300冊
別冊サイゾーvol.1 タブー破りの本300冊(月刊サイゾー11月号増刊)
「警察、学会、不動産、農業……内部告発が切り込む闇」では告発本を扱っている。仙波敏郎『現職警官「裏金」内部告発』、矢野絢也『黒い手帖―創価学会「日本占領計画」の全記録』などと共に、『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』が不動産売買トラブルの当事者によるノンフィクションと紹介された。

記事では告発そのものだけでなく、告発者が受けた理不尽な扱いや告発のリスクに言及した。特に『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』については出版によるメリット・デメリットを具体的にコメントした(46頁)。

告発者のエネルギーは不正に対する激しい怒りである。このために告発本が攻撃的性格を帯びることは必然である。一方で告発者は不正に傷つき、苦しむ存在である。単に話題となった本を紹介するだけでなく、告発者の痛みにまで目配りした記事になっている。

アマゾン書評
マンション購入トラブルの深刻さ
発売された頃は「まだ時は満ちていない」と言って寝かせていた本。いやはや、マンション購入トラブルの深刻さを描きつつ、しかも、とても面白い物語に仕上げてきたなと思いました。首都圏のマンションに住んでるやつはこれ読んどいたほうがええぞ。マイホームなくなるで。

耐震強度偽装事件や欠陥住宅、マンション管理などの要素が一見無秩序に放り込まれていて、それを一つ手に取るごとに、読者はワクワクする。思わせぶりなストーリー展開。不思議な雰囲気。現実でもありシュールな世界でもある。確かに暗く重い部分も感じた。これまで関係なかった人たちの結びつきが見えてきつつ、さらなる謎が深まりつつ。凄い世界観だった。

読み手にだらだら感を感じさせず最後まで読ませきる著者はすごいです。先は長いなと思ったけど、すらすら読める。一気に引き込まれて、はまってしまっています。やはり文才がありますね。文章におけるレベルが非常に高い。言葉、表現、行間。国語的に解釈すれば、文に必要な全ての要素が満点。言葉遣いがかなり高級なので辞書で引きたい言葉をメモしながら読みました。


マンション買う前に頭を冷やそう
マンション買いたくなって、頭を冷やすために購入した。分譲マンションが買いたくなくなった。
いざとなれば、資産価値もある、そんな思いでローンを組み購入するマンション。
「分譲は賃貸と違って資産になる」と宣伝されるが、その資産が無価値なものであったら。分譲マンション購入は得体の知れない罠に飛び込むような感じです。

だまし売りを知った主人公は、どんな困難にも立ち向かう。ドンドン凶悪になる不動産業者との戦いが息つく間もなく繰り広げられて目が離せない。
いつの間にやら予想だにしない方向へとストーリーが流れて、えらいことになった。あーどーなるんだろー。

自分の弱さを強さに変えながらも弱点があるような主人公が大好きです(笑) 憎めない所や、さっぱりした性格なんかの。
熱いね、マジ熱いね!! 「義」と「愛」の物語に、ぐさっと来ました。とても面白かったです。気持ちよく読ませてもらいました。
奥が深い!最低2回は読まないと。是非一読をお勧めしたい。作者の心意気に脱帽(帽子かぶってないけど)。次回作にも期待がもてます。


不動産トラブルの理解が深まる
今まで「知ってたふり」をしていた不動産トラブルへの理解がグンと深まった。 かなりこれまでの考え方を変えてくれます。紛糾しまくった弁論準備手続きが非常に活き活きと描写されていて面白い。

文章が非常に読みやすく、活字に慣れていない方々にもお勧めかと思われます。とっても面白くて読みやすくて読ませる!とにかく人物の描写が詳細で人間的で、ステレオタイプの決めつけからは超然としてるところがすばらしい。読物として、成功した作品であろう。

しかし、本書のような事件は氷山の一角に過ぎず、多くの消費者が欠陥マンションに泣き寝入りし、悪徳不動産業者がのさばる構図がある。だから、日本は絶望的な国になってしまった、ということがよくわかりました。もし気になる人は手に取るだけでも損はない!
韓国

「在日コリアン」ってなんでんねん? (講談社プラスアルフア新書)
韓流、反日で21世紀の在日はこう変わる!在日コリアンへの差別はなくなったのか、民族共生は実現するのか……関西きっての在日毒舌家・朴一大阪市立大学教授が、在日問題の基礎知識を熱くオモロく記す!
国籍、参政権、入居、就職…。「隣人」たちが背負うこれだけのハンディキャップを、嫌・嫌韓流!在日一の毒舌論客が明かす。月刊誌『論座』『環』『ユリイカ』等の雑誌に発表した論稿に、4本の書き下ろし論文を追加。

在日韓国・朝鮮人―若い世代のアイデンティティ (中公新書)
さほど問題なく日本社会に適応しているかのようにいわれる在日韓国・朝鮮人の若者は、実際には、その多くが成長の過程で日本人側の偏見と差別にぶつかり、アイデンティティの葛藤を体験している。だが、彼らの存在と意識は、実に多様化し揺れ動いている。本書は、2世・3世と呼ばれる人々の聞き取り調査を通して、民族問題とそのアイデンティティを考えるとともに、日本社会の構成員としての90年代の「在日」の生き方を模索する。

Wiki

Wikipedia ウィキペディア 完全活用ガイド
日本初! 待望のウィキペディア解説書がついに登場!
今まで何となく使っていた人、投稿したかったけど方法がよく分からなかった
人、もっと便利な使い方を知りたかった人、著作権問題に悩んでいる人......。
そんな全ての人達にささげます! Wikipedia日本語版の管理者である吉沢英明
氏(利用者名:diagraph01)が懇切丁寧に解説する、本邦初のウィキペディア
解説マニュアル。目からウロコの情報満載で、明日からウィキペディアが100倍
楽しく使えます!!

記者

新聞記者という仕事 (集英社新書)
新聞がもっとも輝いていた時代。それは戦争に対する切ないほどの反省の上に立った新聞ジャーナリズムが、日本の再生に向けて真摯な言論活動を行なっていたころだった。いま、その時代の熱気はどこへいってしまったのか。新聞記者として、長く第一線で活躍してきた著者が、熱い時代の自身を語りつつ、変質していく新聞への厳しい批判を展開する。新聞史上に残るスクープや調査報道が、なぜ最近見られなくなったのか。新聞の再生には何が必要なのか。著者渾身の新聞ジャーナリズム論。

マンション
いま、マンションを買うのはやめなさい―「家賃を払い続けるくらいなら…」という価値観を見直せ!
情報に惑わされず、賃貸のメリットを見直せ。そしてマイホームに人生をかけるという「愚か」はやめなさい。

マンション選びは「立地」がすべて
マンション選びは住むにも売るにも「立地」がすべて。その立地を、元「住宅情報」編集長が、12のタイプに分類し、シングルやファミリー、シニアといったライフステージ別に絶対後悔しない物件選びのコツを伝授する。

今こそ!中古マンション―「得」する買い方・選び方
今こそ“中古マンション買い”の時代。なぜなら耐震性に問題があれば見た目で分かるケースがある。住人同士で挨拶しないマンションはNG。これも事前に分かる。本当のよさを知るには、ここを見よ!ゴミ置き場、駐輪場、掲示板、中古なら、これらすべてが実物でチェック可能。住まいにこだわりある人ほど中古を選ぶという事実。まだまだメリットたくさん。買い手の視点、業者の本音を取材し尽くしたプロが明かす、目からウロコの購入術、初公開。

逮捕

不当逮捕 (講談社文庫)
戦後という波乱に満ちた、無秩序だか半面において自由闊達な気風に溢れていた時代、新聞記者はスターであり、英雄であった。とりわけ、読売社会部の立松和博は数々のスクープで乱世に光彩を放っていた。その立松記者が、売春汚職報道の“誤報”で突然逮捕された。第6回講談社ノンフィクション賞受賞作。

逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録
2007年、千葉県市川市のマンションで英会話講師が殺害された事件で殺人と強姦致死の罪で起訴されている著者が、事件の後、2009年11月に逮捕されるまでの約2年7カ月の間、どこにいて、どのような生活をし、何を考えてきたかまとめたものである。
東京→北関東→静岡→東北→四国→沖縄→関西→九州。
電車、船、バス、自転車、徒歩で転々と移動した。誰にも語らなかった、「逃げた後、捕まる」まで。
2年7カ月の間、どこにいて、どのような生活をし、
何を考えてきたのか。
市橋達也、拘置所からの懺悔の手記。
「卑怯にも逃げてしまった。被害者の方、さらにたくさんの人たちをもう一度傷つけることになった。すべてのものから逃げるのはやめよう、と決めた。2007年3月26日に警察から逃げて、2009年11月10日に逮捕されるまでの2年7カ月の間、どこにいて、どのような生活をし、何を考えてきたか。そこから逃げずに、自分が犯した罪の懺悔のひとつとして記したい。これによってどう批判されるかもわかっているつもりです。」

「逮捕・起訴」対策ガイド―市民のための刑事手続法入門
万一、あなたやあなたの家族や友人が犯人扱いされたり、犯人となってしまった場合、どうすればよいのか?気が動転したりしてパニックになってしまうことが多いはず。本書はそういう人たちのために、逮捕から起訴、そして裁判から万一の服役まで刑事手続法の一切を、あなたの立場に立ってやさしく解説する。

官僚は犯罪者

「官僚は犯罪者」は世界の常識
By 高山 正之
止まらない官僚の天下り、相次ぐ公務員の犯罪、不祥事。はては過剰な規制で経済・社会を衰退させる「霞が関の罪」を一刀両断!
タカリの構造は明治維新から始まった。「官僚は優秀」という真っ赤なウソを暴く。
「官僚は犯罪者」は世界の常識

犯罪者の自伝を読む ピエール・リヴィエールから永山則夫まで (平凡社新書)
By 小倉 孝誠
世を震撼させる凶悪犯罪。事件の異常性を喧伝する報道の陰で、不可視にされてきたものとは何か。自伝分析から、犯罪者を線引きし創り出してきた社会の負の循環が浮彫りになる。
尊属殺人事件、無差別連続殺人事件、人肉食事件…世を騒がせ、人々を震憾させる凶悪犯罪。犯行の異常性ばかりを喧伝するメディアの陰で、見えにくくされたものとは何か。自伝分析から、犯罪者を線引きし創り出してきた社会の「負のメカニズム」の輪郭を描き出す。狂信者から性倒錯者、精神障害者まで―犯罪者とは、だれなのか。
犯罪者の自伝を読む


東急不動産だまし売り裁判
Copyright(C) 2011 枕石堂, All rights reserved